目的で探す

会社で使う

さまざまな働き方を支え、
効率的な業務を促進。

CASE01

他拠点での社内打合せ

在宅勤務、フレックスタイムなど、多様な働き方をサポートするビデオ会議システム。
コミュニケーションが不足しがちな環境でも、いつでも簡単に意思疎通が図れ、一体感のある円満な業務の遂行を可能にしています。

CASE02

複数社間での会議

会議や打ち合わせのための移動時間は通常業務が滞る要因に。ビデオ会議の導入により、移動時間の削減が可能。有意義に時間を使うことで、業務効率は飛躍的に向上します。

CASE03

専門家との通信

詳しい知識が必要になる業務は、専門家との連携が欠かせません。ビデオ会議システムを使えば、それぞれの拠点を離れることなく、迅速な対応が可能に。さまざまなデータをリアルタイムで共有することで、疑問もスムーズに解決できます。

ページの先頭へ